by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ソ ラ
Posted by ソ ラ
by
  • Comment:0



北海道から帰って来て1日が経ちましたー('-'*)

北海道はほんとに自然豊かで、
それぞれの街によって景色が全く違い、
緑もあれば風情ある街もある、美味しいご飯に野生の動物。

日本にいながら日本じゃないみたいな風景に、
すっかり夫婦で心洗われリフレッシュすることができました♪



たくさん写真がありすぎて整理においつかいないので、
厳選した写真だけ時系列にそってアップしていこうと思います(`・v´・ )ノ=☆・゜:*:



 + + +



今回は、青森港から函館港へフェリーで向かいました!

青函トンネルでも良かったんですが、
これから北海道にも新幹線が開通したら行く機会も増えるだろうということで、
なかなか体験することのない青森⇔函館の船の旅をすることにしました。


まず、函館についてからレンタカーを借り、
最初の目的地、富良野へ向かいました。

遠くから攻めて、函館に戻ってくるというルートです( ´∀`)



ホテルにチェックインする前にまず向かったのは、
富良野プリンス内にあるドラマ「風のガーデン」の舞台になったイングリッシュガーデンへ。



1 (1)



大好きな倉本總作品の一つ「風のガーデン」。

このイングリッシュガーデンは撮影のために造られ、
撮影が終わったら富良野プリンス敷地内で展示されています。

元々はゴルフ場だった場所みたいで、
広大な土地に一部ゴルフコースも残っています。

受付を済ませると、係りの人がマイクロバスでコース内を回って、
ガーデンまで連れて行ってくれます('-'*)



白い平屋の建物は、ドラマで使用したグリーンハウスで、
中はドラマで見たオシャレなアンティークや押し花がたくさん♪



1 (6)



1 (7)



お庭は、庭師さんたちが手入れしているので、
いつ来てもきちんと管理されているみたいです。

この時期は、まだラベンダーなどの開花には早かったですが、
春の花々も見ることができましたよー!


「風のガーデン」という名前だけあって、
庭園に流れ込んでくる風が本当に心地よかったです(・ω・)♡



6 (3)



園内には羊(サフォーク)が4頭もいました(・Д・`)

最初遠くで群れになっていたんですが、
写真に収めたいのでもっと近くによってくれないかなーと思って、
冗談で「こっちおいでー!」と言うと、なぜか走って近づいてきました(;゚;ж;゚; )笑

これにはダンナさん大笑い!

日本語が分かるんですかねー(・Д・`)
エサだと思ったのかしら?





それから、同じ富良野プリンス内にある「ニングルテラス」へ。



6



こちらは、同じく倉本總作品の「北の国から」や「優しい時間」の舞台になった場所です。

手作り作家さんたちのお店が軒を連ねているんですが、
革製品、ガラス製品、紙細工、切り絵などなど、
いろんな個性的なお店がたくさんあってお土産にピッタリなんですよ♪



6 (1)




夜になるとこんな感じでライトアップされて、とてもロマンチックです(つω`*)ポッ


一度日がくれる前に、富良野プリンスからすぐ近くのホテルにチェックインし、
ホテルの夕飯を食べてからまたニングルテラスに戻ってきました。

結構7時前後はお店が休憩に入ってるところが多かったので、
一旦時間をずらした方がいいですね。


夕食後、ニングルテラスで少しお土産を買って、
富良野プリンス内にある「森の時計」にて食後のコーヒー&デザートを楽しみました♡

(この日に買った物や食べた物は、また後日アップします♪)


こちらも倉本作品「優しい時間」の舞台なんです(*^^*)


この日は、ほんとに大好きな倉本作品の舞台めぐりができて幸せでした♡



スポンサーサイト
 ソ ラ
Posted by ソ ラ

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。